坐禅会

「坐禅とはお釈迦様の法です」

蓮

 もしあなたが坐禅を志して、数分でもじっと坐っていようと試みたなら、それは想像以上に困難な行為であることに気づきます。
私達は、日常生活の中で、ある行為をしているように見えても、その行為に集中できないで、何か考え事をしてしまったり、別の事柄を追いかけたり、あるいはすでに過去の出来事になったことを繰り返し思い出したりすることにエネルギーを費やしていることがあります。
 坐禅をしている時に、自分の中で起こっていることに注意を向けることは、大変難しいものです。煩悩がそれをさせないのです。この煩悩の呪縛を破る法は、それらを直視すること、ただ見つめることが第一歩です。
見ることが智慧です、とお釈迦様は説きます。
 何かをするのをやめ、何かになろうとするのをやめ、ただ静かに坐って自分のままでいる。無執着の修行は遠い未来にあるのではありません。それはこの瞬間にあります。どんな瞬間にでも私たちは自分が何かに執着して苦しんでいるのを見ます。
自分がしていることに対して穏やかな注意力を向け、そのしていること以外は何もしないこと。していることから心がふらふら離れていったら、心を連れ戻すこと(離れたら離れた事を確認する)このステップを何万回、何億回と繰り返すこと。それが坐禅です。

毎朝4:30〜5:30  (土日のみ6:00まで行茶)

参禅希望者は必ず電話でお申し込み下さい。
上記時間帯以外に、参加の留意事項などをご説明させて頂く時間を設けます。
(参加費は初回のみ、1000円。あとはお志です。)

修行は毎日継続して行うものですので、原則としてお寺まで片道30分以上
時間の掛かる方は不可。
また「ちょっと体験してみたい」という程度の方もお断りいたします。

8月はお休み

服装は作務衣のようなゆったりしたものが望ましい。

申し込み、お問い合わせ等は、お寺まで電話にてお願いいたします。

待鳳山 常宿寺 〒491-0919  
愛知県一宮市住吉1−7−12
0586-45-7357
  1. ■今月の標語
  2. ■坐禅を科学する
  3. ■非思量
  4. ■悟りとは
  5. ■「元気のひけつ」
  6. ■「こころ澄まし…」
  7. ■坐禅会
  8. ■お寺でヨーガ
  9. ■写経会
  10. ■永代供養万霊塔
  11. ■お問合せ/地図
  12. ■常宿寺の歴史
  13. ■リンク